フラワーアーティスト越智康貴さんの人生のカギ<KEY OF LIFE (vol.2)>

インタビュー
フラワーアーティスト越智康貴さんの人生のカギ<KEY OF LIFE (vol.2)>
第2回目は、フラワーアーティストとして、広告のスタイリングやEVENT・パーティーでの装花を行い、ファッション業界からも注目される、越智康貴さんにお話をお伺いしました!


①今の職業に影響を与えていると思う小さい頃の思い出は? 

い まの職業(花屋)に直接影響を与えている思い出というのは思い浮かばないのですが、家族がみんな美術や音楽、ファッションが好きで、絵やレコードに囲まれ て育ったので、そういう日常生活的な部分の影響が大きかったと思います。スポーツは水泳やテニス、野球を習っていたのですが、どちらかといえば団体より個 人競技の方が得意というか、自分の中だけで目標を立ててそこに向かい完結することが好きなんだなと理解した部分が今も影響している気がします。
母が植物好きで、100円で買ってきた観葉植物の苗などを3mくらいまで育ててたのをいま思い出しました。

 

②作品を作るにあたって、幼少期の思い出で影響しているなと思うことは? 

とにかくおしゃべりで落ち着きがなかったのですが(今もですが)、そこを怒られるというより、半ば呆れ気味に褒められることが多かったので、そのままで生きてこれて良かったな、と思っています。
い まは基本的にお客さん(企業でも、個人でも)とコミュニケーションを取って制作をするのですが、喋りながらお互いを理解して制作に反映させるということに 積極的なので、これも具体的な思い出とは違いますが、小さい頃から変わらずにいまも役立っている自身の性格だな、と思います。

 

③小さい頃好きだったもの・ことは? 

小学生くらいからとにかく漫画が好きでした、いまもすごく読みます。
少年漫画で友情、努力、勝利を学び、少女漫画で夢を学んだというか(大袈裟ですが)。
いちいち考え方がドラマティックになってしまいます。

 

④小さい頃習っていた習い事はなんですか? 

クラシックピアノ、水泳、野球、テニス。

 

⑤小さい頃の自分にアドバイスをするなら? 

そのまま自由にやってればいい、です。

 

プロフィール::
名前:越智康貴
肩書:株式会社ヨーロッパ代表取締役/フラワーアーティスト
略歴:2011年に武内昭とフラワーショップ、ディリジェンスパーラーをスタート。小売と並行して、イベントやパーティの装花、広告でのスタイリング、植栽の製作などを行う。’15年9月、株式会社ヨーロッパを設立。さらなる業務拡大に邁進中。
HP:www.diligenceparlour.jp

2016年3月4日に、表参道ヒルズにて新店舗がOPENされます!
日々の写真を更新されているインスタグラムもとても素敵なので、是非ご覧ください♪
https://www.instagram.com/ochiyasutaka/

 


最新記事

▲TOP