佐藤蕗さんの人生のカギ<KEY OF LIFE (Vol.7)>

インタビュー
佐藤蕗さんの人生のカギ<KEY OF LIFE (Vol.7)>
店舗設計や建築の仕事をしながら、デザイン・イラスト・造形作家としても活躍される、佐藤蕗さんにお話しをお伺いしました!
<写真:ダンボっこキッチン(プロダクトデザイン担当)>

①今の職業に影響を与えていると思う小さい頃の思い出は?
 
今、 私は造形作家・デザイナー・イラストレーターと、色々なことを職業にしています。父母ともに物作りが好きで、幼少の頃から生活の中で『作る行為』がとても 身近にありました。おもちゃ、服、ドールハウス、陶芸の窯から小屋まで。『手作りの』という言葉が必要ないくらい、手作りすることが普通のことでした。そ んな両親の影響はとても強いと思います。また、兄が遊びを思いつくのがとても上手でしたので、その様子から学んだことも沢山あります。

 

幼少期に母が私の絵を刺繍にしてくれたもの

 



 

②作品を作るにあたって、幼少期の思い出で影響しているなと思うことは?

兄 と遊んでいる時に、天井に向けた手鏡を目の下に持って、部屋の中を歩いて遊んだことがあり(忍者のように天井を歩いているような錯覚に陥ります。)夢中に なりました。そういう小さなことで思い切り楽しむ経験という意味で、とても印象深く覚えています。ほとんど習い事をしなかったので時間が沢山あり、暇な時 間がたくさんあったことは、私にとってはとても良いことでした。





ホオカザリハチドリのとりてぶくろ

 


③小さい頃好きだったもの・ことは?

工 作と、絵を描くことが好きで、とにかくもくもくと作っていました。ペットボトルの中にエレベーターを作ってみたり、画用紙にミシン目を入れて破れるカード を作って友達にあげたり。運動がとても苦手で、図工が得意なのが救いでした。学校から帰ったら、友達とコピー紙に漫画を描いて、りぼんの真似をして『ぴん く』という雑誌(のつもり)を作っていました。





 

④小さい頃習っていた習い事はなんですか?

幼少期は造形教室。小学生の時にピアノをすこし。




パパンツコパンツのイラストを担当





⑤小さい頃の自分にアドバイスをするなら?

もっと自信を持って!気楽に!

 



お風呂のおもちゃ。水が出たり止まったりする仕組みがあります。






⑥座右の銘

『笑う門には福来たる』全然できていないのですが、自戒の意味も込めて大切にしたい言葉です。
最近毎朝すれ違う、同じ保育園のママがいつも素敵な笑顔で、すれ違うだけで毎日少し明るい気持ちになるのです。
話したこともないのに、すでに少し好きになっているほど。私もそんな風になりたい! 

 


☆(特別質問)母として、子育てで気を付けていることはなんですか?

自分のやり方が絶対正しいと思わないように気をつけています。また、こどもの困難はこどもを成長させるとても大切な要素だから、取り除き過ぎないようにと心がけています。
歳をとって私が死んだ後、こどもが私を思い出して勇気付けられるような、そういう安心感を与えられたらいいなぁと思います。

 

::プロフィール::




名前:佐藤 蕗

1982年愛知県生まれ、一児の母。多摩美術大学卒業後店舗設計会社、建築設計事務所勤務を経て、第一子出産を機にフリーランスに。
育児をしながら作っていたおもちゃが反響を呼び、デザイナー、イラストレーターの活動のかたわら、造形作家として、雑誌、web、テレビで活躍中。
不定期でワークショップも行う。2015年より、FabLab β Bashamichi のWS企画運営、広報を担当。現在、マシン刺繍の勉強中。


著書





最新記事

▲TOP