声が変身する不思議なボール「VOLLY」って知ってる!? 〜“フィジタル”でこどものコミュニケーションを引き出す〜

つくる
声が変身する不思議なボール「VOLLY」って知ってる!?
〜“フィジタル”でこどものコミュニケーションを引き出す〜

KIDSTONEでは、音や音楽をキーワードにしたフィジカルな体験とデジタルテクノロジーを融合させたプロダクツやイベントの開発を進める<フィジタルプロジェクト>をスタートさせ、新しい遊具の提案となる“キッズ向けボール型フィジタルガジェット『VOLLY(ボーリー)』”のプロトタイプを発表しました。
今回、KIDSTONEと共同開発をしている株式会社ラナエクストラクティブの太田さんに、VOLLYへの想いを語って頂きました。




まず、フィジタルとは、
、?

元々、KIDSTONEさんからの「フィジタル(Phygital)」というコンセプト提案がありました。
フィジタルとは、フィジカル(Physical)と、デジタル(Digital)を組み合わせた造語です。

 


「子供がデジタルを使うのが当たり前になる時代でも、アナログな遊びやクラフトの楽しさを大切にしたい」と考え、『体を動かすこと』と『デジタル』を掛け合わせた時の可能性を追求しながら、ガジェットやプログラムの開発に取り組んでいます。




 


デジタルにこだわったのはなぜですか?

KIDSTONEが目指しているフィジタルという考え方に共感したからです。
弊社ラナエクストラクティブの業務の中心は、インタラクティブな広告を中心に据えたクリエイティブなのですが、ただ格好が良いものだけをつくるのではなく、『コミュニケーション』を促進することを大切にしています。そのためにも、フィジカルな経験を活かすためにデジタルが必要という概念は必要不可欠だと思っています。

 

また、今回開発を進めて改めて感じたことなのですが、自分のしたことにリアクションが返ってくることは、こどもにとって本質的な喜びなんですよね。その喜びが次のアクションや、もしかしたら日常の中のチャレンジを促していくきっかけになるかもしれない。
デジタルにこだわるというよりは、デジタルの可能性を拡張することを意識して開発を進めていきました。

 

 




「VOLLY」を開発するに辺り、苦労した点や楽しかった点などはありましたか?

リアルなこどもたちの反応というのは、常に私たちの想像を超えていて、予想しなかったおもしろい反応が返ってくることもあれば、全く予想しなかったところでつまずいてしまったりと、発見と苦労の連続でした。
開発を進めては実際にこどもたちに遊んでもらい、リアルなフィードバックをもとに詰めていくということを繰り返しました。
また、どんな体験や社会的な意味を提供できるのかという課題の部分まで自分たちで設定するというのも、大変な点であり、楽しさを感じた部分でしたね。

 


 


VOLLYの今後の展開をお聞かせください。


現在注力しているプログラムである『おばけのボーリーと魔王の城』は3歳〜6歳くらいをメインターゲットとしていますが、VOLLYのシンプルさを活かすことで、あらゆる方向に可能性を広げられると思っています。
直近では、より音楽的な可能性にチャレンジすることで、大人とこどもが一緒に楽しめる方向性をつくれないか模索しています。

 

 




次はどんなものを作りたいですか?

最先端のデジタル技術を駆使しながらも、まったくそれを感じさせないアナログなものを作りたいですね。
まったくデジタル感が無い見た目で実はデジタルなもの、、、
「デジタルくつした」「デジタルスプーン」「デジタルばんそうこう」……無限にアイデアは出てくるのですが、何からやろうか優先順位付けにいつも迷います(笑)

 





 

最後にメッセージをお願いします。

どんなものでも、チームで組めればあらゆることが実現できると思っています。
技術や才能はこんなにたくさんあるのに、なぜ今まで実現しようとしなかったんだろうと思うことが世の中にはたくさんあるなと感じていて……
僕たちはそんな方々と一緒に同じ目的を共有しながら、デジタルの「使い方」から考えることで、一つひとつ夢みたいなことを現実化できればと考えています。


<インタビューに答えて下さった太田さん>

 


次にVOLLYを体験できるのは<Hanno Green Carnival>!!


○話題のボール型デジタルトイ「VOLLY」が体験できる!!

■「おばけのボーリーと魔王の城」を体験しよう!(8月6日のみ)
■「VOLLY」で新しい音楽体験をしよう!(8月7日のみ)

<所要時間:約30分 体験料:各500円(税込)>

会場:エリアヤルヴィ(駿河台大学・メディア棟2階)

Hanno Green Carnival オフィシャルサイト

 

 

最新記事

▲TOP