関西弁英会話「ええかいわ」Vol.4 ~おつかい編~

まなぶ
関西弁英会話「ええかいわ」Vol.4 ~おつかい編~

関西では夜ごはんの定番でもあるおこのみ焼き。
あと焼いて食べるだけっていう時に限って、ソースやマヨネーズが無い!!なんてことは、大阪人にとってはあるある話。ちなみに、「お好み焼きの時にも白いご飯食べるんでしょ?」とよく聞かれますが、お好み焼きをつまみに白いご飯はさすがに食べません。人によるってやつですね。
あと、たかだか何百円のものにムダに万円って付けたがるのも関西あるある。
「はい、○○万円!」っていう簡単なボケに対して「なんでやねん!」のつっこみですね。
これさえ覚えておけば、誰でも簡単にボケとつっこみが成立しますよ!

さて、今回はそんな大阪あるあるを盛り込んだ日常会話。
ぜひ覚えてみてくださいね♪


<おつかいお願い!編>
おかん:今日晩ご飯お好み焼きするわ~!ソース足らへんから買ってきて!

むすこ:え~!めんどくさい。おかん行ってきてや~

おかん:お母さん忙しいやん!ちょっと行ってちょっと行ったとこにスーパーあるやんか!

むすこ:はいはい~。わかったて~。

おかん:ありがとう!はい、これお駄賃。500万円!

むすこ:は~?500円やんけ!

 

では、この会話を英訳すると、、??


Mom: Hey, today’s dinner is Okonomiyaki! But I don’t think we have enough sauce. Go to a shop and buy a new bottle, please?
(今日晩ご飯お好み焼きするわ~!ソース足らへんから買ってきて!)

Son: Huh? Don’t bother me. You go.
(え~!めんどくさい。おかん行ってきてや~)

Mom: I’m in the middle of something! The supermarket is just around the corner!
(お母さん忙しいやん!ちょっと行ってちょっと行ったとこにスーパーあるやんか!)

Son: Okay, okay, whatever.
(はいはい~。わかったて~。)

Mom: Thank you! Here’s your reward. Five million yen!
(ありがとう!はい、これお駄賃。500万円!)

Son: You mean five hundred yen. Oh, goody.
(は~?500円やんけ!)

 
===================================

今回のワンポイント★☆

「邪魔をする」とか「面倒をかける」という意味の「bother」は、色んな使い方ができます。
人だけじゃなく、心配事等で思い悩んでいる人にも、
「What’s bothering you.(直訳:何があなたを困らせているの?→どうしたの?)」とか、
「Don’t let it bother you.(そんなこと、気にしちゃダメですよ)」みたいに使えますよ♪


最新記事

▲TOP